土岐市・瑞浪市・恵那市・多治見市​
オシャレな家を建てるなら家ZOU​

土岐市・瑞浪市・恵那市・多治見市​
オシャレな家を建てるなら家ZOU​

メニューを開く

columnコラム

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

2021/05/28

【コラム】今流行りの屋根の形ってどんな形?

【コラム】今流行りの屋根の形ってどんな形? 画像

こんにちは!

土岐市、瑞浪市、多治見市の東濃を中心に快適でお洒落な家づくりをしている、

家ZOUです!

一昨日はスーパームーンの月食でしたね!あいにく曇り空であまり見えなかったのですが、皆様は見られましたか?

次は12年後だそうですよ!

さて今日は屋根のお話です。

屋根の形にも流行りがあるのをご存知でしたか?

屋根の形は、外から見た家の印象を大きく左右します。

今回は屋根の形について、家ZOUで今人気のある屋根の形を3種類ご紹介したいと思います!

▼目次

・人気の屋根の形3種(メリット・デメリット)ご紹介

└片流れ屋根

└陸屋根(りくやね・ろくやね)

└切妻屋根(きりつまやね)

・まとめ

人気の屋根の形3種(メリット・デメリット)ご紹介

片流れ屋根

片流れ屋根とは

一方向にだけ傾斜を持つ屋根で、シンプルかつスタイリッシュな印象になります。

片流れ屋根は吹き抜けと相性が良く、効率よく採光ができるため狭小地や傾斜地にある家や平屋とも相性が良いです。

モダンな外観にもよく合います。

メリット

・見た目がオシャレである

・屋根からの雨漏りが少ない

・ソーラーパネルが設置しやすい

・コストを抑えられる

デメリット

・屋根と壁との接地面から雨漏りする可能性が高い

・内部結露を起こしやすい

・外壁や雨どいが劣化しやすい

陸屋根(りくやね・ろくやね)

陸屋根とは

ほとんど傾斜がなく、水平に見えることが特徴です。

陸屋根の「陸」とは「水平」の意味で、傾斜のある「勾配屋根」と対比して使用されます。

別名「フラットルーフ」、「フラット屋根」や「平屋根(ひらやね)」と呼ばれることもあります。

※排水のため完全な水平にはなっていません。

箱型の建物と相性が良いです。

メリット

・屋上スペースがある

・メンテナンスがしやすい

・スタイリッシュでおしゃれな外観になる

・屋上スペースを有効活用できる

デメリット

・木造住宅には向かない

・雨漏りのリスクが高い

・屋根に熱がたまりやすい

・積雪に弱い

切妻屋根(きりつまやね)

切妻屋根とは

ほとんどの人が家の絵を描くとき、屋根をこんな形に描くのではないでしょうか?

2つに折れた、よく見られる最も一般的な屋根の形をしています。

排水性に優れ、価格も比較的安価に抑えられます。

メリット

・デメリットがほとんどない!

・雨漏りしにくい

・屋根裏をつくりやすい(屋根裏収納やロフトとして利用できる)

デメリット

・デザインが普遍的になりがち

・屋根の面の向き次第ではソーラー発電がしづらくなることがある

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は最も人気のある3種類をご紹介しましたが、他にも屋根の形は様々です。

屋根の印象で外観のイメージが変わるため。屋根選びは重要なポイントの一つ。

見た目のデザイン性ももちろんですが、しっかりとメリットとデメリットを踏まえた上で屋根の形も選びましょう!

要はバランス。

見た目と機能性、形と材質、住まいの環境との相性、様々な視点から総合的に屋根は決めていきましょう。

―――――――――――――――

▶︎家zouの施工事例をもっと見たい方はこちら

―――――――――――――――

その他のお客様の声

CONTACT

フリーダイヤル

tel.0120-17-1830

お気軽にお問い合わせくださいお気軽にお問い合わせください

ページの先頭へ戻る

Copyright(C) 2021 株式会社 家ZOU/IEZOU. All Rights Reserved.