土岐市・瑞浪市・恵那市・多治見市​
オシャレな家を建てるなら家ZOU​

土岐市・瑞浪市・恵那市・多治見市​
オシャレな家を建てるなら家ZOU​

メニューを開く

columnコラム

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

2022/08/05

【コラム】見せる収納と見せない収納、上手に使い分けて!

【コラム】見せる収納と見せない収納、上手に使い分けて! 画像

こんにちは!

土岐市、瑞浪市、多治見市の東濃を中心に快適でお洒落な家づくりをしている、

家ZOUです!

もうすぐお盆休みという方も、多いでしょうか?

行動制限は出ていないとは言え、何かと気をつかいながらのお出かけになりますね。

でも、楽しい思い出を作れますように!

さて、今日は収納のお話です。

お家がすっきり片付いて見える設計のポイントは、収納にあります。

でも、すべてを扉の中に隠してしまう「見せない収納」ばかりだと、実は使いにくくなってしまうことも。

よく使うものは出しっぱなしにしたり、お気に入りのものを飾ったりする「見せる収納」をバランスよく取り入れるのが、使いやすくおしゃれな収納のポイントです。

そこで、今日は「見せる収納」と「見せない収納」についてお伝えします。

それぞれのメリット・デメリットのほか、上手に取り入れるポイントもまとめています。

▼目次

見せる収納とは

見せる収納のメリット・デメリット

見せる収納を上手に取り入れるポイント

見せない収納とは

見せない収納のメリット・デメリット

使いやすい「見せない収納」のアイデア

まとめ:「見せる」「見せない」のバランスで使いやすい収納に

見せる収納とは

扉のないオープンな棚に飾ったり、カゴやトレイにいれて出しっぱなしにしたりするのが「見せる収納」です。壁のフックにかけて並べておく収納も「見せる収納」ですね。

メリットデメリットを知っておけば、上手に見せる収納を取り入れることができます。

施工事例: 土間リビングと煙突のある家

見せる収納のメリット・デメリット

「見せる収納」のメリット・デメリットは次のようなものです。

---

見せる収納のメリット

・どこにあるかすぐにわかる

・出し入れしやすい

・インテリアのポイントになる

・空間に広がりが出る

見せる収納のデメリット

・ごちゃつき感が出ることがある

・ホコリがつきやすく掃除の手間がかかる

---

オープンな棚に置いたキッチングッズやアクセサリーは、どこになにがあるか一目瞭然で、出し入れしやすいですよね。お気に入りのアイテムだから、インテリアのポイントにもなります。また、扉のない収納棚は抜け感があるので、室内が広く見える効果もあります。

一方で、元の場所に戻しても散らかって見えたり、ホコリがつきやすかったりして清潔感を保ちにくいのが気になる点。

デメリットを解消しつつ見せる収納を活用するには、ちょっとしたコツを知っておくと役立ちます。

施工事例: やりたいが詰まったコンパクトHOUSE

見せる収納を上手に取り入れるポイント

見せる収納をうまく取り入れるポイントを、ご紹介します。

フレーム効果で、統一感を持たせる

すっきりと見せるポイントは「統一感」です。

統一感を出すために効果的なのが、棚板やニッチを「額縁」のように見せる方法です。

形やサイズの違うものを置く飾り棚は、散らかって見えがちです。

でも、額縁のように囲む装飾をプラスすることで、なんとなくまとまった印象に見せることができます。

施工事例: IEZOU-DNA-HOUSE

飾る場合は、7割収納に

オープンな棚に飾りながら収納する場合は、中身を詰め込みすぎないことがポイントです。7割くらいの収納率を目指すと、すっきりして見えます。

施工事例: 吹抜けに出られる家

見せない収納とは

クローゼットのように収納スペースに扉があり、中が見えないようになっているタイプが「見せない収納」です。生活感の出やすいものやこまごましたものをしまっておくのに、便利ですよね。

こちらもメリットデメリットを意識することが、上手に取り入れる第一歩です。

施工事例: バイクいじりのガレージハウス

見せない収納のメリット・デメリット

「見せない収納」のメリットデメリットは次のような点です。

---

見せない収納のメリット

・生活感や乱雑さがなく、部屋がすっきりする

・中身が汚れない

見せない収納のデメリット

・中身が分かりにくい

・ワンアクション増えて、収納が手間

---

扉や引き出しを閉めてしまえば、中身が見えないのが「見せない収納」の特徴。部屋がすっきりして見えますよね。

キッチンなど汚れやすい場所では、見せない収納にすることでホコリや汚れから守ってくれるメリットもあります。

でも、つい物を入れすぎてしまう、扉を開けるワンアクションが手間に感じて、出しっぱなしにしてしまうなどのデメリットも。

上手に使うコツを知って、使いやすい収納にしたいですよね。

施工事例: 男の隠れ家

使いやすい「見せない収納」のアイデア

見せない収納を活用するポイントは、出し入れしやすい場所や収納方法にすること、中身が行方不明にならない工夫をすることです。

よく使う場所にまとめる

出し入れが面倒に感じないためには、よく使う動線に沿って収納スペースを設けるのが効果的です。

例えば、キッチンのパントリーなら、シンクやコンロの並びや玄関からの通り道に作ると出し入れが苦になりません。

家族の下着やパジャマは、着替えをする洗面室に収納を設けるのもいいですね。

施工事例: 女ゴコロをくすぐるお家

ラベリングや透明ケースで中身を見やすく

どこに何が入っているか分からなくなってしまうと、ものを探すのがストレスに。適切なラベルをつけると、中身を探しやすくなります。

また、透明の収納ボトルや、半透明の引き出し収納を用意して、中身がひと目でわかる工夫も効果的です。

収納グッズのサイズを揃える

ハンガーや収納ボックスで収納の中を整理する場合は、収納アイテムのサイズを揃えてみましょう。

ぴったり入るボックスやハンガーを使うと、限られたスペースに最大限までものを入れることができます。収納ボックス同士が重なって見えにくいなどの死角もなくなり、探すのも簡単になります。

施工事例: HIRAYA Cafe Style BASE

まとめ:「見せる」「見せない」のバランスで使いやすい収納に

間取りの相談で収納というと、「見せない収納」が中心となりがちです。「見せる収納」は上級者テクニックが必要そうなイメージもありますよね。

でも、見せない収納ばかりでは、季節感や温かみが感じられず味気ない場合も。ポイントを知っていれば「見せる収納」も簡単に取り入れることができますので、上手に組み合わせたいですね。

「見せる」「見せない」をバランスよく計画し、使いやすくおしゃれなおうちを目指しましょう!

▼家ZOUの家づくりへの想いが詰まったカタログが出来上がりました🐘

▼家ZOUの施工事例をもっと見たい方は↓コチラ

お客様の想いとこだわりを叶えた『事例集』

土岐市、瑞浪市、多治見市の東濃を中心に快適でお洒落な家づくりをするなら、家ZOUにお任せください!

その他のお客様の声

CONTACT

フリーダイヤル

tel.0120-17-1830

お気軽にお問い合わせくださいお気軽にお問い合わせください

ページの先頭へ戻る

Copyright(C) 2021 株式会社 家ZOU/IEZOU. All Rights Reserved.